専門家の見方

2019/8/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

公式情報 信用できず

ウラジミル・クズネツォフ博士(専門・原子力エネルギー、環境保護活動家)

公開された情報から推測する限り、爆発したのは「(新型兵器のための)放射線同位元素を使ったエネルギー源」だった。その場合は放射能汚染は狭い範囲にとどまり、アルハンゲリスク州を越えることはない。だが、問題は信用できる公式情報がないことだ。原子力は国家の最も大切な分野として守られており、政府は信じられない。

事故…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]