HMT、来期にも営業黒字化へ 海外受注見込む

2019/8/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

慶応大学発のバイオベンチャー、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(HMT)は2021年6月期にも連結営業損益を黒字にする計画だ。食品会社などからアミノ酸など代謝成分の解析を請け負う。19年6月期は5億2600万円の営業赤字だが、海外の製薬会社などから代謝成分の解析サービスの受注を伸ばし収益を改善する。

売上高は12億円強を目指す。公的研究機関などから代謝物の解析を請…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]