/

この記事は会員限定です

森ビル、「日本一」330メートルのビル

虎ノ門・麻布台の再開発計画を発表

[有料会員限定]

森ビルは22日、2023年に完成予定の東京の虎ノ門・麻布台地区の再開発計画を発表した。総事業費は同社として過去最大の約5800億円。住宅やオフィスを含む高さ約330メートルの超高層タワーを建設し、大阪市の「あべのハルカス」(300メートル)を抜き高さ日本一となる。外資系高級ホテルや都心最大級のインターナショナルスクールを開設するなど国際色豊かな街づくりを目指す。

「我々にとって大きな挑戦だ」。森...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り265文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン