森ビル、「日本一」330メートルのビル 虎ノ門・麻布台の再開発計画を発表

2019/8/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

森ビルは22日、2023年に完成予定の東京の虎ノ門・麻布台地区の再開発計画を発表した。総事業費は同社として過去最大の約5800億円。住宅やオフィスを含む高さ約330メートルの超高層タワーを建設し、大阪市の「あべのハルカス」(300メートル)を抜き高さ日本一となる。外資系高級ホテルや都心最大級のインターナショナルスクールを開設するなど国際色豊かな街づくりを目指す。

「我々にとって大きな挑戦だ」。森…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]