あのとき「ボルト伝説」誕生の瞬間 2008年 北京五輪

2019/8/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

100メートルのゴールをほぼ真横に見下ろす記者席からは、身長1メートル96と短距離走者としては規格外に大柄なウサイン・ボルトがこちらを向き、胸をたたきながら「どうだ」と語りかけているように見えた。

2008年北京五輪の陸上男子100メートル決勝、2位以下に0秒20以上の大差をつけたボルトが9秒69の世界新記録。約2カ月半前に自らが打ち立てた9秒72の世界新を塗り替えただけでなく、人類初の9秒6台…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]