/

この記事は会員限定です

知のアロマ 渋沢健

[有料会員限定]

同世代ながら「師匠」と仰いでいるのが中国古典研究家の守屋淳さんだ。高祖父の渋沢栄一と、その玄孫(やしゃご)である私を結びつけてくれた恩人でもある。大学まで米国生活を続けていた私にとって栄一は遠い存在だった。だが40歳で起業したのをきっかけに学び直しに取り組み、金融業界の友人と月に1度勉強会を開くことにした。そこで講師をお願いしたのが守屋さん。栄一が書いた経営哲学の書「論語と算盤(そろばん)」に始ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン