火口のふたり 愛し合う男女、終末の予感

2019/8/23付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

野心作である。ほぼ全編を男女2人の対話で構成。舞台はありふれた地方都市で、何かが起こるわけではない(実は画面の外では大変なことが起こりつつあるのだが)。2人はひたすら体を重ね、愛し合う。白石一文の原作小説を、荒井晴彦が脚本化し、監督した。

いとこで元恋人の直子(瀧内公美)の結婚式に出席するため、賢治(柄本佑)が秋田に帰省した。早朝、いきなり現れた直子は、賢治に車を運転させ、テレビを買い、新居に運…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]