ロシア「有望兵器を開発」 プーチン氏、爆発事故原因に言及

2019/8/22付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【モスクワ=石川陽平】ロシアのプーチン大統領は21日、訪問先のヘルシンキで記者会見を開き、8日にロシア北西部の海上実験施設で起きた爆発事故について「有望な兵器システム」を開発していたと明らかにした。「我々は自らの安全保障を考える義務がある」と強調し、新型兵器の開発を続ける姿勢を明確にした。

プーチン氏が公の場で事故の原因で新型兵器の開発に言及したのは初めて。爆発事故は原子力推進式か超音速の新型ミ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]