2019年9月16日(月)

冷え込む日韓、アジア安保に隙
中朝の挑発招く恐れ 軍事協定期限迫る

2019/8/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【北京=地曳航也】日韓の外相は21日の一連の会談で、元徴用工訴訟や輸出管理の厳格化をめぐり互いの立場の主張を続けた。韓国側は24日に更新期限を迎える日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長については言及を避けたもようだ。日韓関係の悪化は足元の経済や東アジアの安全保障に波及し、隙を生む可能性がある。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。