米銀規制「ボルカー・ルール」 一部を緩和 高リスク取引巡り 大手への恩恵は小さく

2019/8/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ニューヨーク=宮本岳則】米連邦預金保険公社(FDIC)など米金融監督当局は20日、金融機関に高リスクの自己勘定取引などを禁じた「ボルカー・ルール」の一部緩和を最終決定した。ウォール街にとって念願だった見直しだが、中小金融機関では多くの義務が免除されることになる一方、高リスク取引への厳しい制限は残り、大手への恩恵は限られそうだ。

米連邦準備理事会(FRB)が2018年5月に見直し案を公表した後、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]