2019年9月23日(月)

一家の日常 原爆の恐怖映す 広島の家族写真を絵本に

2019/8/21付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

広島への原爆投下が原因で亡くなった一家の日常を切り取った写真を通じ、原爆や戦争の恐ろしさを訴える絵本が話題を集めている。著者の絵本作家、指田和さん(51)=埼玉県鴻巣市=は「平和の尊さや家族の絆を見つめ直すきっかけにしてほしい」と語る。

道に落書きをする兄と妹に、産湯につかる赤ん坊。海辺でおにぎりをほおばる母子――。7月に出版された「ヒロシマ消えたかぞく」(ポプラ社)は、爆心地近くで理髪店を営ん…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。