/

この記事は会員限定です

ブライトパス、がん新治療法へ期待先行

個人投資家の買い膨らむ

[有料会員限定]

20日の東京株式市場で創薬ベンチャーのブライトパス・バイオ株が急上昇した。一時27%(70円)高の334円まで買われ、約2週間ぶりの高値を付けた。19日の取引終了後に、がんの新たな治療法に関する共同開発の契約を信州大学と結んだと発表。新薬候補への期待から個人投資家の買いが膨らんだ。

売買高は前日比36倍の1176万株となり新興市場で首位。売買代金も36億円と高水準だった。

信州大学と共同開発する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り438文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン