野口が銀、五輪内定 世界選手権女子複合

2019/8/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

スポーツクライミングの世界選手権第9日は20日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で8人による女子複合の決勝が行われ、30歳の野口啓代(TEAM au)が銀メダルを獲得し、2020年東京五輪代表に内定した。昨年の大会から始まったこの種目で日本勢初の表彰台。

5位に入った野中生萌(XFLAG)を含めた上位7人(1カ国・地域2人まで)が五輪出場の前提となる「参加資格」を獲得した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]