IoT(インターネット・オブ・シングズ)とは

2019/8/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

▼IoT(インターネット・オブ・シングズ) あらゆるモノがインターネットに接続し、巨大なネットワークが形成される仕組みを指す。1999年に米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者だったケビン・アシュトン氏が提唱した。

従来、ネットに接続していたのはパソコンや携帯電話などの情報通信端末だった。ただセンサーの発達などを受け、自動車や工場など「物理的なモノ」に通信機能を持たせ、データを収集すること…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]