みずほ20年 再生への難路 「メガ銀3位」定着、新興IT勢も台頭

2019/8/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「メガバンク時代」の先べんをつけたみずほフィナンシャルグループ(FG)の結成発表から20年がたった。不良債権危機下の日本で登場した世界最大の銀行グループは国際金融界も驚かせた。だがその後のみずほは曲折の歴史をたどる。デジタル化を背景にした異業種参入で金融のあり方が激変するいま、みずほは再生を果たせるのか。

1999年8月20日、東京・日比谷の帝国ホテル。「この国を代表し、日本経済の役に立つ銀行を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]