再エネ接続 費用返還請求
秋田の事業者、東北電提訴 空き容量算定法も争点に

2019/8/21付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

「送電線の工事費負担は高すぎる」。秋田県の再生可能エネルギー事業者が大規模太陽光発電(メガソーラー)を送電線につなぐ際の負担金の返還を東北電力に求める訴訟を起こし、第1回口頭弁論が9月9日に仙台地裁で予定されている。電力各社は送電線に余裕がなく、拡大する再エネ設備の接続には費用と時間がかかると主張している。事業者側は送電線の空き容量の算定方法も争点とする構えだ。

6月21日に提訴した。事業者側弁…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]