ANAHD、時差ボケ軽減アプリ 社外で実験 適切な食事や睡眠助言

2019/8/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ANAホールディングス(HD)は20日、時差ボケの調整に役立つスマートフォンアプリの実証実験を実施すると発表した。アプリを通じてフライトや目的地での予定に応じた適切な食事や睡眠を助言することで時差ボケを軽くする。これまでは社内実験にとどまっていたが、損保ジャパン日本興亜の社員ら計50人に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]