/

この記事は会員限定です

義足の進化 能力引き出す

[有料会員限定]

パラアスリートを支える義足にも日本企業の技術が多く採用されている。炭素繊維など強度が高く、軽量な素材を活用。義足は一般用の需要も見込めるほか、競技用の開発で得た技術を他の製品開発に生かせる可能性もあり、日本のスタートアップや素材メーカーがしのぎを削る。健常者のトップ選手並みのパフォーマンスを出す事例も出ており、注目されている。

2016年にブラジルで開催されたリオデジャネイロ・パラリンピック。陸上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り676文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン