一目均衡市場が変える公共資源配分 編集委員 西條都夫

2019/8/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国土交通省が東京の都心上空を通って羽田空港に発着する新ルートを来年3月に解禁すると決めた。飛行ルートの多様化によって、滑走路の利用効率が高まり、1日当たり50便の増発が実現する。

来年の東京五輪を控え、首都圏の空港容量の拡大は差し迫った課題だ。渋谷や新宿といった繁華街の真上を日常的に飛行機が飛ぶことに、沿線住民や自治体には不安もある。騒音や落下物対策に万全を期すことで、都心ルートの定着をはかるこ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]