2019年9月20日(金)

羽田新発着枠 全日空13.5便、日航は11.5便 国交省が最終調整

2019/8/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国土交通省は羽田空港の新飛行ルート開設に伴う来年3月の国際線発着枠の増加で、全日本空輸に1日13.5便、日本航空に11.5便割り当てる方向で最終調整に入った。日航への公的支援が競争環境をゆがめたとして、近年は全日空に優先配分してきたが、今回は輸送実績などを反映させる。航空会社の経営に大きなプラスとなる羽田発着の国際線は、既存分を含めると全日空が優位な状況が続く見通しだ。

羽田の国際線発着枠は年6…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。