/

この記事は会員限定です

米中貿易摩擦の論点(下)打開へ多国間課題に格上げ

ジェームズ・スタインバーグ シラキュース大学教授

[有料会員限定]

米中両国が協調から対立の時代に入りつつあると多くの人が恐れている。関係悪化の理由は島しょの領有権や台湾を巡る緊張、貿易戦争、人権問題など数多くある。とりわけ根が深く重大な問題は、中国による外国の知的財産の窃盗だ。米国、日本をはじめとする技術先進国に深刻な経済的打撃を与えるのみならず、中国が法の支配や過去の国際的な約束を本気で守る気があるのかどうかについて、重大な疑念を生じさせる。

中国の知的財産の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2696文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン