/

この記事は会員限定です

「始動者」たらん 伊佐進一

[有料会員限定]

各省庁の縦割りの垣根をこえる人材ネットワークをつくる。1997年入省組は、9週間の共同生活による合同研修の1期生となった。異彩を放っていたのが経済産業省(旧通産省)にいた朝比奈一郎君で、文部科学省にいた私とも夜通しで国の将来像を語り合った。

合同研修から10年近くたったころ、朝比奈君と霞が関の変革を求める若手官僚の会「プロジェクトK」を立ち上げた。議論は白熱し、制度やシステムを変えることが大事と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り344文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン