歌舞伎歌舞伎座8月公演 玉三郎が監修 配役に妙

2019/8/20付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

歌舞伎座の納涼歌舞伎は三部制、色合いも三変する。

第一部は古典。「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」の「御殿・床下」を玉三郎監修の下、七之助が政岡を初役でつとめるのが注目の的。まずは正攻法で取り組んで上々の首尾、浮ついたところがなく心が通っているのがいい。幸四郎が仁木と八汐の敵役兄妹をつとめるのも一興でどちらもよくしているが、八汐で得点したのがお手柄だ。児太郎が沖の井、巳之助が男之助と若い配役…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]