辺境の地図を簡単作成 国連、ソフト無償公開へ 日本の技術で難民支援

2019/8/19付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ニューヨーク=大島有美子】国連は難民支援や国連平和維持活動(PKO)などに使える詳細な地図づくりのソフトウエアを開発した。「グーグルマップ」もカバーしていないような辺境地域の地図を簡単に作成できる。ソフトは無償公開して、自治体や民間企業でも使えるようにする方針だ。

国土地理院から国連に出向している日本人職員が中心となり、地図づくりの土台となるソフトウエアを開発した。開発チームの藤村英範氏は「公…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]