2019年9月15日(日)

ウォール街ラウンドアップ米中交渉、景気懸念が後押し?

2019/8/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

波乱の8月相場は続くのか。16日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し前日比306ドル高の2万5886ドルで終えた。この2日間で406ドル上げたが、14日の今年最大の下げを埋めきれず、週間では3週続けて下げた。長短金利の逆転で広がった景気への懸念が米中の貿易交渉を進める糸口になるとの思惑が浮上しているが、先行きは不透明だ。

□   □

「トランプ米大統領が自ら仕掛けた関税の脅威からの出口を探っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。