2019年9月15日(日)

料金戦略に評価、公開価格超える ソフトバンク株 格安ブランド活用実る

2019/8/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「ようやく含み損から解放される」。9日、ソフトバンク株が2018年12月の上場後初めて公開価格(1500円)を上回り、保有する個人投資家からは安堵の声が聞かれた。世界的に金利低下圧力が高まるなかで、ソフトバンク株の5%台後半の配当利回りの高さに着目した買いが集まったが、それだけではない。通信事業の業績の底堅さも評価されている。

通信大手3社の19年4~6月期連結決算ではNTTドコモとKDDIが前…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。