ビジネスTODAYフードバンクで食品ロス削減
ローソンやモス、寄付じわり ESG投資の普及映す

2019/8/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

まだ食べられる食品を廃棄する食品ロスを減らそうと、余る食材を必要な家庭などに橋渡しする「フードバンク」を活用する企業が増えてきた。肥料に再利用するより食べ物として有効利用できるためだ。コンビニエンスストアのローソンなどは8月から食品の寄付を開始。企業が取り組みに力を入れるのは、企業の環境対策などを重視するESG投資が普及してきたことも背景にある。

環境省によると、2016年度の食品ロス量は事業者…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]