AIの深層学習、データ量半分で

2019/8/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

■NEC 人工知能(AI)の手法の一つである深層学習(ディープラーニング)で、あらかじめ学ばせるデータの量が従来の半分で済む技術を開発した。AIの精度向上に役立つデータを重点的に作り、効率的に学習させることに成功した。データ集めの手間を省き、AIの学習時間の短縮につながる。

たとえばAIに犬と猫の違いを認識させる場合は、両方の画像の違いを何層ものネットワークを通して学ばせ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]