/

この記事は会員限定です

老化で広がる脳の炎症、仕組み解明

[有料会員限定]

東京医科歯科大学

 田辺勉教授らは老齢のマウスを使った実験で、脳の炎症が広がる仕組みの一端を解明した。免疫細胞のあるたんぱく質の働きを妨げると炎症を抑えられた。このたんぱく質を標的とした薬の開発などにつながる。

免疫細胞のミクログリアは脳内で炎症を起こして異常な細胞や分子を除去する。通常は炎症を起こした後に神経細胞を守る性質に変わるが老齢の脳では切り替えがうまくできなくなるという。詳しい仕組み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン