2019年9月16日(月)

老化で広がる脳の炎症、仕組み解明

2019/8/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

■東京医科歯科大学 田辺勉教授らは老齢のマウスを使った実験で、脳の炎症が広がる仕組みの一端を解明した。免疫細胞のあるたんぱく質の働きを妨げると炎症を抑えられた。このたんぱく質を標的とした薬の開発などにつながる。

免疫細胞のミクログリアは脳内で炎症を起こして異常な細胞や分子を除去する。通常は炎症を起こした後に神経細胞を守る性質に変わるが老齢の脳では切り替えがうまくできなくな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。