/

この記事は会員限定です

膵臓がん転移の仕組み発見

[有料会員限定]

北海道大学

 佐辺寿孝教授らはマウスの実験で、膵臓(すいぞう)がんがほかの臓器に転移する仕組みの一端を見つけた。発がんに関わる2つの遺伝子に同時に異常が起きて、がんの広がりや転移も促していた。進行したほかのがんでも同様の仕組みで転移などが起きるとみており、膵臓がんなどの新しい治療法の開発に役立てる考えだ。

膵臓がんの発見時は既に周りの組織にがんが広がったり転移が起きていることが多い。5年生存率は10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン