/

この記事は会員限定です

著作権保護 EUの大転換

プラットフォーマーに法的責任 「事実上の検閲」批判も

[有料会員限定]

欧州連合(EU)が著作権ルールでもデジタルプラットフォーマーへの規制を強める。6月にインターネット上の著作権の保護強化を掲げる「EU著作権指令」が発効し、動画共有サイト、ユーチューブなどに投稿される著作権侵害コンテンツに関わる法的責任を事業者側が負うと定めた。EUは個人データ保護などに続きネット上での著作権侵害の対応も大きく転換しようとしている。

(児玉小百合)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1580文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン