市山尚三氏に川喜多賞

2019/8/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

映画の国際交流への功績を顕彰する第37回川喜多賞を市山尚三氏が受賞した。東京フィルメックスのディレクターとしてアジアの新進監督を発掘、育成すると共に、中国のジャ・ジャンクー監督らのプロデューサーとして活躍。「作ること、見せることの二つの才能を駆使し、熱い思いを持ち続け『映画文化』を支えてきた」と評価された。

1987年に松竹に入社し、台湾のホウ・シャオシェン監督らの作品を製作。東京国際映画祭に出…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]