夏祭りの食器、脱・使い捨て
廃プラ対策の波、屋台にも 京都・祇園祭でごみ4割減

2019/8/16付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

温暖化ガスや海洋プラスチックごみ(廃プラ)対策が国際的な問題となるなか、各地の夏祭りの屋台で繰り返し使える「リユース食器」の導入が広がっている。取り組みが先行した京都・祇園祭ではごみが4割削減された。関係者は「伝統ある祭りをごみ問題を考えるきっかけにしてほしい」と期待している。

「日本一おいしい盆踊り」と呼ばれる築地本願寺(東京・中央)境内の納涼盆踊り大会。3日まで4日間開かれ、築地場外市場にあ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]