2019年9月20日(金)

ポジション膨らむ100年債バブル
景気減速懸念、マネーの逃避先に 既発債利回り0.6%台も

2019/8/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界の金融市場で債券買いが止まらない。米中対立や世界景気の減速懸念で株式などのリスク資産から債券にマネーが逃避しており、その象徴が償還までの期限が100年に及ぶ100年債だ。少しでも利回りを得ようと、オーストリアやメキシコなどの100年債が買われている。アルゼンチンの100年債が急落したばかりだがリスクは度外視され、バブルの懸念も漂う。

2019年に入ってリスク資産が軒並み低リターンに沈むなかで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。