〈記者の目〉若手官僚育成の側面も

2019/8/16付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

安倍晋三首相ら政権幹部も口にし始めたEBPMだが、霞が関をみると各省庁によって取り組み具合に濃淡がある。PHP総研の亀井善太郎主席研究員は「平成期の評価疲れがその一因」と分析する。効率性を重視した平成期に官僚が膨大なデータを用意し、そのデータがたたかれた記憶があるからだ。亀井氏によると、今回のエビデンスづくりもかつての二の舞いになら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]