きょうのことば逆イールド 景気拡大終盤で発生

2019/8/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

▽…満期までの期間が長い債券の利回りの方が、短い債券の利回りよりも低くなること。長期金利の指標である10年物国債利回りと、2年物や3カ月物の国債の利回りを比べるのが一般的だ。米国債では2000年や07年の景気拡大終盤で逆イールドが発生した。発生後に景気後退が訪れたケースが多いことから、市場関係者は「景気後退」の予兆として重視している。

▽…残存期間に応じた利回りを結んだ「イールドカーブ(利回り曲線)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]