英離脱「漁夫の利」狙う ドイツ貿易港、保管場所を拡充

2019/8/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

英国で離脱強硬派のジョンソン首相が就任し、欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」が現実味を帯びてきた。EUの対英貿易の最前線は大騒ぎかと思いきや、意外としたたかな動きが見てとれる。ドイツ北部の貿易港を訪れると、通関手続きが長引いても、対応することができる荷物の保管スペースが大幅に拡充されるなど、「漁夫の利」とも取れるドイツの準備は着々と進んでいた。

エルベ川が北海に流れる河口に位置するクックスハ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]