2019年9月22日(日)

米、日本の立場理解

2019/8/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日韓間の歴史問題を巡る対立には米国も関心を示している。ポンペオ米国務長官は1日に河野太郎外相とバンコクで会談した際、元徴用工問題が日韓請求権協定で解決済みだとする日本の立場に理解を示した。日本外務省幹部が明らかにした。

河野氏がサンフランシスコ講和条約を基礎とした戦後秩序について「ひっくり返せるのか」と語ると、ポンペオ氏は困難だとの認識を示したという。

日本への賠償請求は1951年締結の同条約で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。