大機小機「トランプ・ドル安」誘導のわな

2019/8/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

トランプ米大統領がにわかにドル安志向を強めている。これは世界の金融市場にとって甚大なリスクだ。

トランプ氏は、貿易相手国が不当に通貨を切り下げた結果、ドルが歴史的高水準にまで押し上げられ、米国に巨額の貿易赤字をもたらしていると信じている。そして、米連邦準備理事会(FRB)の利下げを通じて、その分を押し戻すドル安誘導を狙っている。トランプ氏にとって貿易政策、為替政策、金融政策はお互いに強く結びつく…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]