5G商用化へ実験 総務省、遠隔医療や遭難者救助

2019/8/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

総務省は次世代通信規格「5G」を使った遠隔医療や遭難者救助の実証実験を秋から全国21カ所で始める。NTTドコモやKDDIなどに実験費を出して委託する。2020年春の携帯大手による商用化を見すえ、実際のサービスに近い内容で安全性などを確認する。

19年度予算で確保した18億円を使う。ドコモは和歌山県立医科大学と遠隔医療の実験をする。高度な治療が必要な患者のもとに近くの医師を派遣し、遠隔地にいる熟練…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]