/

この記事は会員限定です

運用損益プラスの顧客割合

直販の独立系、上位

[有料会員限定]

投資信託を販売する金融機関が公表した「共通KPI(成果指標)」について3月末時点で運用損益がプラスの顧客割合が高い順にランキングしたところ、上位には投信を直接販売する独立系の運用会社が目立った。

対象はQUICK資産運用研究所が各社ホームページで確認できた181社。上位10社は顧客の8割以上が含み益だった。

首位はセゾン投信で、97.8%の顧客は利益が出ている。「セゾン・バンガード・グローバルバラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン