香港デモ、警官と衝突 指導者不在の危うさ
SNS、勢い助長

2019/8/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国本土への容疑者移送を可能とする「逃亡犯条例」改正案の反対運動は当初、民主派団体が中心となり、経済界も理解を示していた。いまの主役は匿名で使える「テレグラム」や、参加者が自由に討論する「LIHKG」といったSNSだ。

「私たちの要求に集中して、連帯を保とう」。空港占拠から一夜明けた14日、SNS上では一部の過激な行動をめぐる意見が飛び交った。仲間内の批判を控えて、戦いに集中しようという声が目立…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]