秋田の石炭火力 月内着工見送り 関電系と丸紅

2019/8/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

関西電力グループの関電エネルギーソリューション(大阪市)と丸紅が秋田市で計画している石炭火力発電所について、月内の着工を見送ることを決めた。これまでの計画では8月に工事を始める予定だったが、温暖化ガスの排出が多い石炭火力発電は欧州を中心に批判が強まっていることから、時期を定めずに慎重に検討を進める。

両社は合計130万キロワットの石炭火力発電所を建設し、2024年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]