中部企業、経常益4%減 4~6月、車・部品や窯業苦戦 非製造業は底堅く 個人消費寄与

2019/8/15付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

中部企業の業績が落ち込んでいる。2019年4~6月期(第1四半期)は、事業のもうけを示す経常利益が前年同期に比べ4%減った。マイナスは4四半期連続。米中摩擦や次世代分野の研究開発投資などを背景に、自動車・部品をはじめとした製造業で2ケタ減益が相次いだ。非製造業は比較的底堅かった。

愛知、岐阜、三重県に本社を置く3月期企業135社(トヨタ自動車、金融除く)の4~6月期決算を集計した。減益率は上場企…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]