/

この記事は会員限定です

マウスで雌雄産み分け

広島大チーム、精子の違い発見

[有料会員限定]

広島大の研究チームは、受精後に雌になる精子と、雄になる精子の「違い」を発見し、マウス実験で雌雄の産み分けに成功した。大分県との協力でウシやブタの産み分けを簡便に行う技術も開発。論文は14日、米科学誌プロス・バイオロジー電子版に掲載された。

畜産業では、家畜の種類や用途により雌雄で市場価値が異なることがあり、産み分け技術への需要が高い。しかし、同一の細胞(精子幹細胞)から分裂し、X染色体を持ち雌にな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン