グローバルウオッチ日本留学、再び脚光
マレーシア

2019/8/14付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

マレーシアで日本留学が再び脚光を浴びている。2018年に復帰したマハティール首相が日本などに学ぶ「ルックイースト政策」を改めて掲げたためで、アニメなど日本文化に関心を持つ若い世代が増えていることも背景にある。留学経験者の中には日本企業で活躍する人も多く、日本とマレーシアの懸け橋の役割を果たしている。

「私はアリフさんが好きです」「すみません。私は彼女がいます」――。マレーシアの名門マラヤ大学。広…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]