/

この記事は会員限定です

デジタル法務で省力化 人材獲得難しく新興躍進

類似特許、数十秒で検索/契約書不備、AIが指摘

[有料会員限定]

法律に関連する業務をIT(情報技術)で効率化する「リーガルテック」が広がっている。AIサムライ(東京・千代田)は人工知能(AI)で特許を取得できる可能性を診断するサービスを始め、ホームズ(同)は契約書の作成支援サービスで200社超の顧客を獲得した。法務部門の人材採用は難しくなっており、スタートアップの活躍の場が広がっている。

AIサムライは8月から、特許庁の公開データベースなどをAIで検索して、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン