百貨店、訪日客需要に陰り 中国規制強化・米中摩擦響く 本社調査

2019/8/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

成長が続いた百貨店の訪日外国人需要に陰りが出ている。日本経済新聞がまとめた「2018年度百貨店調査」によると18年度の免税売上高が増えた店舗は46.8%だったが、19年度に増加を見込む回答は20.5%にとどまった。中国当局による持ち帰り品への規制強化や米中貿易摩擦で訪日客の大半を占める中国人の消費が減速している。(調査の詳細を14日付日経MJに)

19年度の免税売上高で増加を見込む店舗に増収率の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]