/

この記事は会員限定です

中国新車販売、通年2ケタ減も 過去最悪ペース

1~7月11%減 株安痛手、政策ちぐはぐ

[有料会員限定]

【広州=川上尚志】中国の新車市場が1年以上にわたり、前年実績を割り込む異常事態が続いている。中国汽車工業協会が12日に発表した7月の新車販売台数は前年同月比4.3%減となり、13カ月連続でマイナスとなった。2019年は通年で前年割れは確実で、過去最悪の2ケタ減の可能性もある。下半期の巻き返しがカギだが、株価は足元で落ち込み、政策もちぐはぐさが目立つ。復活の道筋は立っていない。

吉利、2割強減る

「昨年より売り上げが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1878文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン