2019年9月16日(月)

キャンパス発 この一品久留女木の棚田の米(静岡文芸大) 環境保全 デザインで訴え

2019/8/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

浜松市北区の「久留女木(くるめき)の棚田」は戦国時代、井伊家の下で開墾されたと伝わる。日本の棚田百選にも選ばれた美しい風景を守ろうと、静岡文化芸術大学の学生が歴史的価値や環境保全の役割をデザインでアピールする販売手法に取り組んでいる。

活動するのは同大の学生を中心に構成する「引佐耕作隊」。舩戸修一准教授が耕作放棄地の再生や棚田の価値を広く伝えることを目的に、授業の一環で立ち上げた。2016年から…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。