楽曲売買に伴う権利 ブロックチェーンで管理 ミュージック社、来年実用化へ

2019/8/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

クラウドファンディングを手掛けるミュージックセキュリティーズ(東京・千代田)は、ブロックチェーン(分散型台帳)を使って音楽の権利情報を管理できるシステムを開発した。2020年の実用化を目指す。ブロックチェーンの技術で売買の履歴を記録。歌手らに利益を適正に還元できるようにすることで、音楽制作に必要な資金確保を支援する。

同社は楽曲の売買に伴う権利関係を、ブロックチェーン上のトークン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]